かきため

「普通」に生きることが幸せ。日常を綴ります。



 「こぼれの美学」というもの、福岡で体験する。







 夕方より風邪気味で鼻水がとめどなく出る。会議を終え、体温を測ると37度を超えている。早く寝ることにしたい。



 ITパスポート試験を終え、いまだ実感が湧かない。自分の能力と比べて「それほど」がんばる必要がなかったからか。それにしても、テキストや過去問をこなしていなかったら確実に落ちていた。今月、残りはエクセルなどのさらなる習得に朝の時間を当てたい。



 酔いきってはいないが、なんだかこのままでは悔しいので、明日からまた全力投球で行くことにしたい。

 出張より戻ってきた。

 自動車で行き来した福岡県嘉麻市。疲労は大きい。

 仕事だけ、そんなかんじで「旅行感」はついぞなかった。



 翌日は「ITパスポート試験」を9時30分から受けたり、夜は仕事関係で19時から22時まで拘束されたりというかんじなのであった。



 明日の朝は自分で設定したプレゼン資料の締切日である。出勤前に完成しなければ。

 明日は出勤前に、かならず仕上げるべき書類が二つほどある。

 なんとかできそうな予感がするので、ぼちぼちと眠りたい。



 なんとか自分を見失わないよう努めていきたい。

 左手の甲をモノにぶつけて血が少しほど出る。鮮やかな色とは言い難し。すこし「どうなのか?」と思う。



 そういえば初代iPod nanoの交換プログラム(バッテリー加熱ゆえ)にて代替機としてきたnanoを触っていなかった。

 ものすごく小さくなって、現行品が帰ってきた。自分の中ではshuffle感覚である。

 昨夜は友人と松江市寺町の串カツ屋へ行く。串カツの小ぶりさに落胆しつつも話を交えた。

 焼酎の湯割りの薄さにもとまどうが、日頃作って飲んでいる自作分の方が濃すぎるのだろうか。



 元気を出そうと昼食にカツ カレーをスーパーで買ってきた。食べながら東海林さだおのエッセイ(カツ カレーのところ)を読む。

 食後しんどくなり、結局は寝てしまった。体力向上が課題と感じる。



 夜になっても腹は減らず。

 仕事がうまく消化できないまま終わる。

 明日、なんとかいつも通りの時間に起きて立て直しができたらよいのだが。

↑このページのトップヘ