かきため

「普通」に生きることが幸せ。日常を綴ります。



 夜は明かりがつくらしい。地元ながら日中たまに仕事で来るだけで、その光景を見たことがない。













 上司二人乗り合わせで13時から葬儀へと車で出かける。場所は出雲市平田で、小一時間ほどかかった。風が強く花輪が倒れる。位牌もゆらゆらとゆれており、参列した自分のほうが心配になった。業者の配慮は見られず。



 夕方、使わなくて久しいI・O DATA社製のスピーカー(P2DiPOLE)を古物商へ売りに行く。従業員は、言葉づかいからして少々接客業に向いていない若い兄ちゃんだ。口頭で音が出るか聞かれ、きちんと出ると伝える。すると最近スピーカーは売れないので「引き取り」(金は出さない)でもよいかと問われる。通音の確認はなし。

 松江ではスピーカーをゴミとして出すと「粗大ゴミ」扱いとなり、手続きが煩雑となるので承知することとした。

 これで「下宿から処理したかったもの」が一通り片付いたことになる。

 いままで記事を書く時間そしてデータを上げる時間は帰宅後だった。これを崩して、今後は朝の出勤前に変えようかと考えている。うまくいかなかったらあっさり元のやりかたに戻す予定だが。

 ということで明日から。



 ヘルパーのアルバイトで玉造温泉へ行ったときに温泉街を写す。「どじょう掬いまんじゅう」の文字が書かれた車が停まっている。旅館への納品だろう。













 在庫の薄いETC車載器の取り付けはしばらくあきらめることにした。助成金が今月末で切れてもまあいいかという感じだ。



 明日は互助会の会長として14時より葬儀に出なければならぬ。せっかくの連休が潰れる。



 今日は一日のんびりと下宿で過ごす。



 粉食だけだと粒食が欲しくなるが、粒食だけでは粉飾はあまり欲しくはならない。













 施設のクリーニング班で一日働いてくる。日頃少人数の作業場で働いているため、今日みたいに施設の母体で働くと、いろいろ気を使って疲れてしまう。



 夜は友人と飲食をしに松江の街へ繰り出す。「おでん庄助」でいろいろ食べて飲んでなんと4200円という会計だった。安すぎる感が……。行くと頼む玉子焼きのおでん、やはりおいしかった。

 その後「橘屋」で蕎麦を食べる。自分は卵とじ蕎麦(700円)を注文する。値段を考えるとうな丼(750円)でもよかったかもしれない。

 この「橘屋」玄関の引き戸は、概観からしてきっと手動であって自動ではないと思う一見の客が大半であるに違いない。



 先月香川に行ってきた友人からお土産をもらった。赤坂製麺所、ずいぶん昔に行ったなあ。店のおばちゃんにポラロイドで"逆記念撮影"をされたような気がする。













 今週末は連休となる。どこか遊びにでも行こうかと思ったが、自分の勉強がうまくいっておらず、気分がのらないためとりあえず取り止めとした。こういう細かなところで禁欲的なのは我ながらどうかとも思うが。

 この土日、品薄で手に入るかわからないETC車載器を取り付けて、来月遠出ができればと考えている。



 実家から連絡があり、仕事後、食べ物を取りに帰る。「おから」や鶏の南蛮漬け、葱や竹輪の天ぷらなどを持ち帰った。

 食べるものがないのは当然困る。が、日曜日そして木曜日と短い間隔で実家から食べ物をもらってくると、消費ができなくてこれも困ってしまう。腐らせてしまうのはもったいないので、切り干し大根の煮物などの「これは冷凍してもいいのだろうか」といった個人的に判断のつきかねるものを、"危険度"の低い順にせっせと冷凍庫に納めている。

 まあ、味はさておき、口に入れられて身体に害がなければよいか。そのような心境にある。



 明日、施設は祝日営業日である。



 フラット ファイルやクリア ケースを入れる紙箱を設置し、エアコンの脇のすきまも有効活用しているのであった。













 買い換えた箱バンに時計がついていなかったので、手持ちのカラビナ型のデジタル時計を車中に持ち込んでいた。

 先日ふと、取り付けてある社外製のラジオ・CDデッキに時計機能がついているのでは、いやついているはずだと思い立つ。本体に時刻に関する表示はない。いろいろとボタンを触ってみる。このボタンを押しながらあっちのボタンを押してみる。――だめだ。

 しかたないのでネットで説明書を検索し操作方法を確認することにした。無事設定終わる。「押しながら」形式であったが、二つのボタンが意外なほどかなり離れている。おそらく「偶然」では時計機能を呼び出せないのではないか、そう感じた。



 昨日の会議のおかげもあって、今日は身体と頭が使いものにならなかった。体調悪し。今夜は早く寝る。



 それにしても。受け取ることばかりを要求して、与えることをしない人が多いのではないだろうか。しかも受け取った(もらった)にもかかわらず、そのモノに対して非難をしたりと。



 狭い下宿。エアコンの上も有効活用せねば。













 最近はネット通販をすることもなく、送られてきたカタログや冊子を眺めるだけ……。

 モンベル クラブの会員の更新案内が来ていたのでネットで継続処理を行う。更新すべきかどうかしばらく前から迷っていたのだが、年会費の半分をポイントで補えたので会員のままでいることにした。



 本日、プロジェクト会議が17時30分から開かれた。自閉症関連のものである。帰ったのは22時半。明日もいつもどおり04時45分には起きたい。酒を早く飲んで眠りたい。



 わが下宿にはコタツ板がない。中身の入ったコップや皿・どんぶりといった不安定なものを置くときには、A4の紙ばさみを裏返したもので板の代わりとしている。













 欲しかった本を買ってくる。ビジネス書で1500円。かなり売れている本なので古本屋にあるだろうと思い2店ほど立ち寄ってみる。いや、なかなか売れてないものだ。結局新刊本にする。

 週末に立ち読みならぬ座り読み(設置してある机と椅子使用)をして「どうしても欲しい」本だけ購入することにしている。いざレジに本を持っていく際に「手元に必要」「投資」という言葉で頭を納得させようとするものの、やはり「もったいない」「貯金」「酒のつまみ」などの言葉が追い討ちをかけてくるのも事実だ。

 金がなかったはずの学生時代のほうが、思い切りよく本を買っていたような気がする。



 これが私の昼ごはんである。そして「いつもの」という注釈が入る。ご飯半合にゆでたまご、ふりかけと塩・コショウで味に変化をという質素なものだ。













 今日のバイトは盛りだくさんの内容だった。9時からの開始で、�@墓参り �Aズボン・サンダル・靴下・ホワイト デーの返礼・おやつの購入 �B食事 �C温泉 �D喫茶店という流れである。

 �Bはホテルのバイキングだった。いつも行っているところであり、はまちの刺身の器をいつも三つは取ってしまう(といっても極小片3切れ入り)。他、鶏肉のケチャップ煮など好んで食べる。ご飯は茶碗に軽く一杯だったのだが、いつもよりおかずの摂取量が多かった。夜になっても腹が減らない。また�Dに関しては、本来飲食代はヘルパーの自己負担なのだが、今回に限っては先方持ちで助かった。「そこらへんの喫茶店」で済ますのはもったいない、久しく行っていなかった服部珈琲の黒田店にて一服する。もちろんアイス コーヒーの一番高いやつ(たしか620円)を満喫する。客の入り数が多く、初めて3階に通される。



 一昨日購入した「4本で198円」という格安のかみそりで「かみそり負け」をしてしまう。もったいないが元の路線に変更することにしよう。金を投入すべきところを今後まちがえないようにしなければ。



 そういえば。節約のために自分の服なんてしばらく買っていないのを思い出す。



 「1ヶ月それなりにがんばった」、ごほうびとしての晩酌の写真である。久しぶりに飲むエビスは250mlを1缶、そして厨房に残った半端の具材を押し込んでみました感があり、しかも半額という寿司。「ごほうび」にしてはさびしいものとなった。













 通帳繰越や振込み・買い物など、母の相伴をして午前中が潰れる。夕方からは実家に散髪のためにいま一度戻ったり、あるいはネットで調べものをするため、20時過ぎに我が下宿に妹が来るなど「自分のことができない」一日となった。少々"不完全燃焼"気味である。



 ETC車載器を求めて自動車用品店に行くが売り切れだった。やはり助成金の効果は大きい。店員に聞いてみると、アイテムを問わず車載器の入荷は未定とのことであった。助成金支給の確実な発表のなかった箱バン購入時に、将来のETC実現のために助成を除外した額で"天引き"した金がある。最悪、「普通に」買うとしようかと思う。

↑このページのトップヘ