昨日の記事「拒食症状が強まってきている。眼精疲労や肩のこりなど身体症状が強めな昨今。ごちそうの焼き肉も今は食べられない」で書いた自動車事故。今日は私が当事者になってしまった。
まさしく昨日と同じ、今井書店からの帰り道(昨日は松江、今日は出雲)で今度は自分が事故にあってしまった。
国道9号線の宍道(しんじ)にて、赤信号で停車していたところ、後続車から追突されてしまう。
凍結した路面で停まり切れなかったのだ。

結構な衝突音がしたと思ったが、体も無事なら後部バンパーも無事(無傷のよう。事故時とその後停車して再度確認)。追突者には、一応無傷と確認したうえで(もちろん先方の自動車の前のバンパーも確認)、無罪放免とした。自分より少し若い男性だったか。

ということで、「愛車エッセははかなくも……」生き延びた、という顛末であった。
ここで廃車とか大掛かりな修理になれば、きっとすごい落ち込んでいただろう。


とにかくよかった。
錆も浮く自分のエッセ カスタムだが、長い付き合いなので。
DSCN2075


帰宅後にもう一度確認するが大丈夫と思う。明日明るい光の下であらためて点検したい。
こんなことで自分のエネルギーを使うのは非常にもったいないなと思いつつ。
明日の点検で再々々度、エッセの後部バンパーが大丈夫だったら、過去のこと、無かったことにしてしまおう。負を引きずらないように。