もともと拒食傾向があったが、なおもそれは上がり下がりの波をみせながら続いている。

現在は、朝食無しで昼食は1人前、夕食は総菜パンというような日が続いている。
特に夕食は、拒食から偏食に突き進んでいるかのようで嫌な思いがしている。

ちなみに今日の夕食はこれだ。
DSCN2088


フジパンのピザパンである。なんだか語呂がよいなとつい感心してしまった。
これを酒を傍らにちびちびとつまむ。酒もおいしく感じられないのでちびちびとだが。

昔。ヨーロッパの貴族が、お腹がいっぱいになると吐いて、また机の上の料理を食べるという話が何かの本にあったなあ。ある意味最高の贅沢。
精神的に過食症ではないのだろう、たぶん。いや、そうは言いきれないか。

まあ何より食事は適量が一番。非ジャンクなものを。映画『スーパー サイズ ミー』を思い出してしまった。


以前も書いたが、食文化には大いに興味がある。バイキングに行って元が取れそうにない自分が言うのもなんだが。
総菜パン以外にいま食べたいと思うもの。なにがあるだろうか。

チェーン店のはなまる うどんの「かけ」、香川県善通寺のはすい亭の「ぶっかけ うどん」、「三立て」(曳きたて・打ちたて・ゆでたて)の出雲地方の割子そば。そういうのがぱっと思い浮かんだ。


写真のパンシロンも夕食の内である。念のため。