夕食としては多すぎるかなと思いつつ、今日は豪勢に買い込んできた。

とはいっても小ぶりのカキ フライが4個入ったパック、そしてレタス・ハム・チーズのサンドイッチである。
まずサンドイッチから食べ始める。酒も飲みつつ。1/4を残してカキ フライに挑んでみる気になった。
DSCN2092


1個ほど食べてみる。脂ぎっていなくて良い感じだ。しかしすでに空腹感はない(サンドイッチを食べる前からであるが)。とりあえずなんとか食べきってみたい、わずかあと3個だがそれが辛い。

去年の冬あたり、父母と島根大学近くの居酒屋で食べたカキ フライはおいしかった。わずか1,000円で1時間ほど飲み放題の店でもあった。急性アルコール中毒を呼び覚ますかのような店だが生ビールは3~4杯、焼酎は1~2杯ほど飲んで元は取った。


もう一つ。もうずいぶん前のこと。
大学受験で奈良大学を受験する際、親戚のおばの家に泊めてもらった。外食で「何でも好きなものを」と言われたような気がするが、価格が安い方のカキ フライ定食にしたのだった。奢ってもらった手前である。
奈良大学は落ちたが、考古学関係で進学したいと思っていたのだろうか。


椎名誠氏の本で、生ガキにウイスキーのボウモアをかけて食べると異常にうまいという記述があったと記憶している。私自身ウイスキーは飲まないのでレモン汁でも醤油でもポン酢でも何でもよいのだが、生ガキもまた魅力的な食べ物である。


と、今夜買ってきたカキ フライも4個中あと2個を残すのみ。きっと食べられるはず……。