以前はビールをケースで買うということをしていたが、現在は発泡酒を6缶パックで買うことが多い。

昔は金銭的に余裕があったのだよなあ。前々職は当初、家賃が会社9割負担(のちに6割負担)だったので比較的余裕があったのだろう。しかも発泡酒ではなくてビールを買っていた。
なんだか歳を取るごとに貧乏になってきているような気がする。厳密にいえば可処分所得が少なくなっている。困ったことだ。

今日買ったのはサントリーの「金麦」である。少し太ったので糖質の低いやつだ。
DSCN2097


350mlの6缶パックを2つほど買ってきた。
2~3缶/日 ほど飲むので4日から6日でなくなる計算か。

以前は飲む酒はビールのみ、という具合で過ごしていたが、前職ぐらいからだろうか、お金がないので後半は焼酎でごまかすようになってきた。さらに家計が逼迫してきた今は、最初に発泡酒であとはだらりと焼酎でという配分になってしまった。

いまの胃の容量では、「ビールだけ」「発泡酒だけ」というのも難しい。酔う前にお腹がいっぱいになる可能性がある。