節約の技術について一言。

この4月から賞与・昇給・退職金なしの職場で働いている。
ということは月の収支は必ず黒字にし、少しでも貯蓄に回していきたいと考えている。

老後は現在毎月積み立てている投資信託を当てにして。


まず、浪費はやめた。
平日は一切現金を使わない。週末休みの時に、先の1週間を見通してまとめ買いをすることにした。

そして安いスーパーで買い物をするようにした。
ガソリン代はかかるかもしれないが、近場で買うよりも安いし、まとめ買いの効果もでる。

自動車を荒く運転することをやめた。
ガソリン代がもったいないし、警察に捕まったら罰金が怖い。

ものを減らすことが、ものを買わないことに直結すると気づいた。
いままで仕事のストレスで、むだに自転車やパソコン部品を買っていたが、身辺整理をし、大好きな本の本棚すら捨ててしまうと度胸がつく。

流行に流されないようにする。
世の中の流行は一切気にしないようになった。我が道を進む。テレビを持っていないのが幸いしている。

いまの仕事で生活困窮者の存在を知った。
債務や滞納がある人が多い。自分を振り返って見ると、とてもそこまで「落ちたくはない」と感じた。

とにかく月間の収支が黒字であればよいと考えられるようになった。
賞与なしの職場である。わずかづつでも貯金をしていければ。


などなど、お金にはうるさい自分が今では出来上がってしまった。
ビット コインの投資なども気になるが、自分の稼ぎではその余裕はない。

とりあえず現状に満足するということ。