しでかしてしまった。自立支援医療受給者証とおくすり手帳を忘れてしまった。

窓口に申し出ると、「自己負担上限額管理表」の仮の書類を発行してもらえ、いつも通りの低額受診(470円)、薬代は無料といういつもの調子となった。よかった。

otoshimono_man


自立支援医療受給者証を申請し受給していないと、1回の通院で1,500円、薬代も2週間分でも2,000円はかかるからな(ジェネリックを混ぜても)。

さて今回の問診は以下のようなものであった。


自分から
  • 身体症状(肩こり・胃の痛み・目の痛み)が続く。
  • 2時間ほど残業した日もあったが、特に抑うつ症状が出ることもなかった。
  • 気分の落ち込み無し。
  • 資格試験を受けようという気持ちも出てきた。
  • 前の仕事は職責があったが、いまは気軽に働けている。



医師から
  • サインバルタかトラゾドンを減らしたい(4月に入職してせめて半年はいまの処方で様子を見てみたいという希望を出す)。
  • 資格を取りたいというのは、意欲が出て不安が減ってきている証拠。
  • 次回の通院は医師自身に予定があるので、2週間後ではなく3週間後で。
  • 転職して症状がよくなってきている。



処方
  • 朝:サインバルタ40㎎・スルピリド50mg・アルプラゾラム0.4mg
  • 昼:スルピリド50mg
  • 夕:スルピリド50mg・アルプラゾラム0.4mg
  • 寝る前:トラゾドン塩酸塩50mg・フルニトラゼパム2mg・アルプラゾラム0.4mg



うつ病は軽快したり寛解してきた時が危ない。急にまた調子が悪くなることもあるからだ。
良好・不調の波を刻みながら回復していくのがうつ病である。
医師の減薬の指示は個人的な感覚では「早い!」と思ったので当面現状の処方でお願いすることにした。