うーん。通勤時間は片道50分なのだが、この大雪でだいぶん消耗してしまった。

行きは2時間、帰りは1時間半ほど。
自家用車での運転である。

自動車を飛ばす人は飛ばす。そうでない人は慎重に。私は後者の型で、行きで2台に追い越された。
だって氷点下で、積雪は圧接してあるものの凍結している。恐ろしや。

例年、こういう大雪は一度ぐらいなのだが、この季節は割と多いという印象を受ける。

今度は4輪駆動の自動車を買おうと思うのだった。

PAK26_sutadresutaiya20140208_TP_V4


朝に目が覚めて積雪は30㎝ほどある。駐車場から接道へ行くのに、歩いて30秒程度なのに、この雪深さでは自動車で30分! もかかった。

もう勤め先の近所にでも引っ越ししようかなと考えた次第である。
しかし通勤者でもう1人、雲南市から出雲市に来る人もいる。今日は休みだったが明日は大丈夫だろうか。


今日は新任のあいさつ回りに出雲市役所に行ったり、ハロー ワークに行ってきたりした。
ハロワの渉外担当の人は反応がよく、すぐに当法人に該当する方をつなげてくださるような感じである。
あと、松江市サポート ステーション絆にも連絡をし、就労継続B型支援事業と共同生活援助の定員の空き具合を伝え、営業活動を行った。

先週は出雲養護学校に行ったし、高浜小学校にも行ってきた。

とりあえず「利用者の定員確保」は先方次第ではあるが、うまく名刺を配ってきたところである。

たしか明日は出雲市社協に行く予定である。今日ハロワに行ってびっくりされたけれど、障害者総合福祉法と生活困窮者自立支援法で働いた経験があるということで稀有な存在扱いを受けてしまった。
社協のこともよくわかっているし……。


来年度の事業計画を作り始めているところである、今日から。
着任3日目にしてかなり無謀なことをしていると思う。

一応、利用者やステーク ホルダーの安心・安全・満足をかなえつつ、一昨年から厚生労働省が言い出した「我が事・丸ごと」を軸に計画を作っていきたいと考えている。