本当に昨日はくたびれた。一昨日の終日雪かきに加え、市内へ弁当の配達に行く。

昨日の夜の帰りの運転は、本当に居眠りしそうな勢いだった。
とりあえず一晩寝て、なんとか朝5時30分に目を覚ます。仕事はないのだが、休みでもこの時間に起きるのが日課である。
それにしても雪かきの筋肉痛が今もなお残る。


今日は精神科の通院日だった。
詳しくは「うつ病での問診のかきとめ<その64>」をご覧ください。
なんとまさかの症状悪化でした。

2月1日からいまの職場に転職したのだが、健康保険証が届いていない。ということで負担が10割となってしまった。恐るべき金額を支払うことになる。

1


上記は薬代(2週間分!)9,180円、下記は受診代4,740円……。

向精神薬の薬価むちゃくちゃ高い、主治医と10分話しただけなのにこの値段はぼったくりか……。

反面、日本の国民皆保険はありがたいなと感じた。

もちろん2週間後の受診のときに、クリニックと薬局へいまの職場の保険証を提示したらお金が戻ってくるので安心しているが。


なんだか前職の市社協に転職した直後は、精神疾患による自宅療養6か月ということもあり相当緊張していた。しかし嘱託職員なので上記のように、増薬や通院期間の短縮はなかったのだった。

今回はいきなりこのような事態である。
大丈夫だろうか……。
ただ以前のように仕事10割・私事0割ではなく、仕事6割・私事4割という働き方をしようと決めたので、再び「死にたい気持ち」におかされることはないと思う。


前職の市社協、ものすごい愛着がある
現職では立派な施設長部屋をもらっているが、全員一緒な部屋がいいよなあ。

生活困窮者自立支援法のかかわり、もっと続けていきたい。赴任先の出雲市社協に訪問するのは来週だろうが、アルバイト・ボランティアでもかかわりたいなあ。