明日は職場地区の新年会があるため14時から代休を取った。

そして本来明日だった通院に、16時予約で行ってきた。
利用者と同行する中であちこち病院を見てきたが、個人的にはクリニックがよい。
大病院は待たされるのはもちろん、人が多くてそわそわしてしまい、なんだか気分がよろしくないので。

その後は日頃行かない学園通りのスーパーに立ち寄って惣菜を買う。
今日はやや拒食・偏食が軽め。


ツイッターの肩書きに「福祉3.0」とついている。



福祉1.0は縦割りの福祉。
高齢者・障害者・母子・生活保護・児童など。

福祉2.0はその「縦割りの他の領域」を意識し知ること。
障害者福祉だけずーっとやっています。それでは「その横の福祉」が見えない。
自分は福祉の中のこの一領域でやっているけれども、抽象度を上げて福祉をまるごと見ること。

福祉3.0は、その俯瞰した福祉の分野をすいすい泳ぎ回ること。
但しどこかの縦割りでの深い専門性も必要である。

background-2829996_640


例えば。
障害者福祉をしている自分。
施設利用者が窃盗を繰り返している、困った。
と、普通はここで終わるが、精神疾患の知識があれば窃盗症(クレプトマニア)ではないかと疑義を持ち、精神科受診同行。
施設も休んでばかりなので、保護者・本人と面談し、障害とは関係ない救護施設という存在があることを伝える。
救護施設は生活保護が前提なので、福祉事務所に申請に行き2週間半結果を待つ。

などといった動きができるかどうかである。

福祉3.0は、社会福祉協議会がイメージに近いが「縦割り福祉の専門性」に薄い。

個人的には障害者総合支援法・生活困窮者自立支援法を軸として、福祉の世界をあちこち泳ごうとしているところである。