前の仕事に戻った方がいいのでは? たびたび精神科主治医に言われる。

以前の仕事(社会福祉協議会)は、労働強度が高めで、しかし生活困窮者自立支援制度の仕事がおもしろく、職位・職責は嘱託なので低かった。徒歩15分の職場で、毎日が楽しかった。

スカウトされていま働いている職場は、労働強度が低くなったが、縦割りの福祉でおもしろさも薄れ、職位・職責は高い。自家用車通勤1時間(片道)、毎日楽しいわけではない。

そういうなかで抗うつ薬増量、通院頻度も増加(月に1回から2週間に1回へ)、口渇・味覚障害・下痢・偏食・拒食と身体症状も出てきた。

主治医の言うとおりまた社会福祉協議会に勤めれば丸く収まるかもしれないが、来年度の社会福祉法人同士の合併を控えるいま、転職はできないなあと考えている。

hands-1063442_640



個人的には、体調がこれ以上悪化したら1か月は休みを取って傷病手当金でももらいリセットし復職するかもしれない。
うつ病で再起不能になる前に。

ただ私個人としては、障害厚生年金・生活保護・デイケアの人生もありかなと思っている。
「最悪」を考えておかないと。

まあ体に巣食ううつ病に今後どれだけ攻撃されるかわからないが、限界が来る前に適切な処置をしていけたらと考えている。