社会福祉法人にも財務三表がある。毎月司法書士に確認してもらう。

一般の法人と比べて、B/S(貸借対象表)があるのは同じである。

しかし違うのは、資金収支計算書・事業活動収支計算書というものが存在することである。
前者はC/F(キャッシュフロー計算書)のようなもので、後者はP/L(資金収支計算書)のようなものである。

calculator-1156121_640


怖いのは信金からの借入額。
ものすごく太い金額……。

私が当法人に入ってから13か月目。

前経営陣が残した土地・建物の債務である。


だからこそ来月からの社会福祉法人合併なのだった。
当法人は債務を低金利で借り換えて、先方の存続法人の債務とする(社会福祉充実残高で消すつもりはないらしい)。そのかわり先方は「まるっと」障害福祉サービスを施設・人(利用者・職員)ともに手に入れることができる。

社会福祉法人は内部留保が多いとはよく言われるが、うちなんてすっからかんで賞与すら……。

まあ合併もやむなし。