いまはたまたま障害者福祉施設の職員であるが、それはそもそも「仕事」である。

「私事」は、縦割りの福祉に横串をさした、地域福祉の推進である。

どちらも福祉ではあるが、「私事」=「趣味」なので「仕事」より大事でかつ配分を割きたいところである。

前職の市社協で使っていた聞き取り様式に修正を加え、「福祉なんでも相談」に使う用紙を作ってみた。

キャプチャ2


さっそく今月、家計管理と就労準備支援が必要な家庭に聞き取りに行く可能性がある。
これは当事業所の利用者の家庭がらみだが。

そのうち「撒いた芽」(先般、公民館館長に無償で福祉相談をすると進言)が開けばよいなと思いつつ。


本日から法人合併。
辞令書をもらってきた。
やはり利益を重視してくる。

とりあえず合併を終えたので、これからどうしようかと考える。

社会福祉協議会に戻って嘱託でまったり「私事」をするもよし。それでは「仕事」が「私事」になってしまうなあと思いつつ。

自身の精神障害の件もある。
抑うつ症状はそれほど悪化してはいないが、身体症状(ストレス性の下痢や口渇など)は悪い状態が続いている。

将来はどうしようかと考えながらしばらく過ごしていくことにしよう。
転職もありきで。