2e7b5831.jpg


unkaiと言います。

島根県出身。

四国学院大学卒業。

骨壺作家・篆書書道家・ファイナンシャル プランナー・経営品質協議会 認定セルフ アセッサー・全国社会福祉協議会 社会福祉施設長資格所持・ナレーター



他の大学の研究生を経て、小売業に就職する。接客と自分の引っ込み思案な性格ははっきり言って合っていないが、取り扱っている商品に関心があり7年ほど勤務する。
旗艦店舗の主任となる。

しかし同期が次々辞めていくようなブラックな状況のなかで、自分もこの会社に見切りをつけなければと考える。



そして父の縁故ある島根の某社会福祉法人に勤務することになった。

初めてづくし、まさか自分がこの福祉業界へと考えていたものの、なんとか乗り越えている。そのはずだった。2年目に正社員、3年目には主任となる。
転職組としては初めて施設長・サービス管理責任者になる。

と、そのようななかで生来の性格(意外とまじめ)が起因してか、仕事をもっとがんばらねばという思いのなかで、うつ病・適応障害・パニック障害・幻聴を発症する。
いまも治療中。
2016年2月に初診、その4~5年前から自覚症状あり。趣味はいくつかあったが楽しむ気力がなくなってしまった。行動範囲も狭まってしまった。

2016年9月末日をもって精神疾患を理由として退職する。11年勤めあげた。
希死念慮もあり、そのままその職場で働き続けていれば「死んでいた」かもしれない……。

半年間の療養・失業期間に入る。



2017年3月、とあるNPO法人に入るが、あまりのバカらしさ(「うちは見た目が障害者とわかるような人間には利用させない」)に3日で退職する。

2017年4月より、同じく島根の某社会福祉法人に勤務することに。同じ福祉である。
前の仕事の障害者総合支援法と異なり、生活困窮者自立支援法のもとでの仕事となる。

生活に困っている人の手助けをするわけだが、自分もうつ病等を抱え、そして賃金も低くて困っているという矛盾……。しかしコミュニティー ソーシャル ワークの楽しさもここで知った。

2018年2月より出雲市の社会福祉法人に勤務。いわゆるヘッド ハンティングだった。
なんと理事・施設長・サービス管理責任者、また社会福祉法人間合併協議会委員として働いている。一人4役……。


酒を飲みながら文章を書くことも多く、論理と深みと長文を書く努力が感じられなかったりもする。もうブログを書くことは習慣化しており、書くべきものだと信じきっている。


本業では適度に手を抜き、副業に精を出していきたいと考えている。